これぞMVNOの2トップ!mineoとFREETELを徹底比較しました

スポンサードリンク

docomo回線とau回線両方に対応しているのが特徴のmineoとMVNO最安値クラスのFREETEL、今回はこのMVNO界の2トップを比較・検討しました。

検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
目次

  1. mineoがおすすめな人
  2. mineoのメリットとデメリット
  3. FREETELのメリットとデメリット

mineoがおすすめな人

このサイトはmineoがイチオシです。

ドコモでもauでもそのまま乗り換えが可能な点です。mineoはdocomo回線とau回線の両方に対応しています。

au回線から選べるMVNOはmineo、fiimo、IIJmio、UQmobileの4社ですがmineoがコスパ最強です。コスパ命の格安SIMではやはりmineoですね。

 

auタイプとdocomoタイプでは料金に若干の差がありますが、あまり変わりません。docomoタイプの方がやや高くなります。

使えるデータ容量も、500MB~10GBまであるので、満遍なく自分に最適の容量をチョイスできます。

たくさんインターネットを使う人であれば、10GBを選択することをオススメします。

シングルタイプとデュアルタイプともに、最低利用期間がなく解約手数料もかかりません。通常、MVNOではデータSIMなら最低利用期間がないことが多いですが、音声通話SIMなら最低利用期間があり、それ以内に解約をすると違約金がかかります。

しかし、このmineoにはそれがないので、使ってみたい・試したいという人にも気軽に使える優しいMVNOになります。

ただ、デュアルタイプを使っていて他社へMNPする場合、契約から1年以内にMNPをすればMNP手数料が11,500円かかってしまう点は注意したいです。

1年を超えるとMNP手数料は2,000円になります。

その他に、SIMサイズの変更には2,000円かかります。

mineoの通信速度は速い?

mineoの通信速度は、決して評判は悪くなく、どちらかというと良い方だと思います。ただ、mineoをau回線MVNOで考えた時に、au回線を利用したMVNOは他にUQ mobileというものがあります。

このUQ mobileの通信速度はかなり評判がいいです。mineoを「au回線MVNO」とした場合は、UQ mobileに通信速度でやや劣るので、高速とは言えませんが、docomo回線として考えると、一般的に速いほうでしょう。

mineoの特徴は、高速な通信速度ではなくあくまでもデュアルSIMや最低利用期間のない点なので、ある程度通信速度については大目に見てあげましょう。

mineoのメリットとデメリット

mineoの良い点から紹介していきます。

①音声通話SIMであっても最低利用期間がない

上記でも少し説明をしたのですが、MVNOの音声通話対応プランは一般的に6ヶ月ほどの最低利用期間を設けているところが多いですが、このmineoにはそれがありません。

いつ解約をしても高額な解約金がかかることはないので、ユーザーにとってはありがたいです。

②docomo・au回線両方から選択可能

docomoユーザの人は、MVNOを選ぶのにたくさんの選択肢があります。

しかし、auユーザーはmineoとUQ mobileの社しかありません。au系スマートフォンを持っていてMVNOを使いたいけれど、たいていのMVNOはdocomo回線なので選択肢が少ない!と思っている人でも、このmineoなら両回線あるので利用できます。

これはかなり大きなことなのです。

③フリータンクで毎月最大1GBもらえる

これはとてもユニークなサービスです。mineoユーザーは余ったデータ容量をみんなで集めることができるのをフリータンクといいます。「今月はデータ容量を使いきれない!」と思った時に、フリータンクに余ったデータを投げ込むと、他のmineoユーザーがフリータンクからデータをもらうことができるのです。

データをあげるのには上限はありませんが、もらえるのは月に1GBまでとなっています。

このフリータンクを使えば、無料で最大で1GBまでもらえるので、ぜひ使って見てください。

mineoが向いている人

  1. 利用期間を気にせず音声通話SIMをいろいろ使って見たい人
  2. auのスマートフォンを持っている人
  3. 信頼性の高いMVNOを使いたい人

FREETELがおすすめな人

FREETELの最大の特徴は、毎月299円から利用可能な圧倒的な安さでしょう。この299円プランは100MBしかデータ通信はできませんが、他にもたくさんのプランがあります。

また、2016年春から「定額プラン」も発表しました。

LINEなどのメッセージアプリの通信料が0円になるサービスもあるので非常に幅の広いMVNOになってます。

フリーテルの料金は?

使った分だけ安心プラン (データ通信のみ)

・100MB~20GB: 299円 ~ 4,870円

使った分だけ安心プラン (音声通話付き)

・100MB~20GB: 2999円 ~ 5,570円

定額プラン (データ通信のみ)

・1GB : 538円

・3GB : 972円

・5GB : 1,641円

・10GB : 2,667円

・20GB : 5,259円

定額プラン (データ通信+SMS)

・1GB : 690円

・3GB : 1,123円

・5GB : 1,792円

・10GB : 2,818円

・20GB : 5,410円

定額プラン (音声通話付き)

・1GB : 1,294円

・3GB : 1,728円

・5GB : 2,397円

・10GB : 3,424円

・20GB : 6,015円

フリーテルの通信速度は速い?

「帯域に利用者を過剰に詰め込みません。重要なアプリは優先してつなぎます」と最高通信品質を謳っていますが、実際に通信速度は公式に発表されていないので、詳細は分かりません。

口コミによると「時間帯によって制限がかかる」、「通信制限がかかれば画像や動画の読み込みが遅くなる」などの声があります。

FREETELのメリットとデメリット

①「使った分だけ安心プラン」で利用した分だけ払うシステム

使ってもいないデータ容量分を毎月支払うのはもったいないです。このFREETELなら、あなたが本当に使った分だけを払えばいいのでとてもリーズナブルです。

②かけ放題アプリ「FREETELでんわ」でお得に通話ができる

このかけ放題アプリで選べるのは、「1分間かけ放題」と「5分間かけ放題」の二つです。

「1分間かけ放題」は月額399円で、5分間かけ放題」は月額840円になっています。通話が1分間や5分以内に収まる人は、このかけ放題アプリを利用するとお得に通話ができます。

しかし口コミでは音質が悪いとの情報もありますので慎重に選びましょう。

③カウントフリー機能

LINE、WhatsApp、WeChat(微信)によるテキストメッセージ、画像、スタンプ、絵文字の通信についてデータ通信量がカウントされないのと、2017年9月6日まで「ポケモンGO」によるデータ通信もカウントされないという太っ腹なサービスです。

FREETELが向いている人

  1. 1分間や5分間の通話をよくする人
  2. 使った分だけ毎月支払いたい人
  3. SNSやポケモンGOを思う存分使いたい人

両社とも、とてもユニークなサービスを展開しています。また信頼性の高いMVNOなので、安心して使うことができます。

使用用途に合わせて最適なものをチョイスすれば、あなたにぴったりのMVNOが見つかるでしょう。この記事が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

UQモバイル激推し中、だぞっ!

テレビCM好評!シェア拡大中!

今契約するならmineoよりイイ。

格安スマホに迷ったらmineoへ

絶対神、mineo。

まず安く。

まず安心。

おすすめは3GBの音声プランです。

mineo Aプラン デュアルタイプ 3GB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です