iPhone SE本体を安く買う方法まとめ公式vsヤフオクvs海外販売サイトvsAmazon

スポンサードリンク

2016/9/09時点の情報です。

 

値下げやだやだ!

またiPhoneSEが値下げしちゃいました!

テレビを見ておりましたらiPhone7の発表やっててネットでみたらiPhoneSEをついでに1万円値下げしたみたいです!

こっちのが重要じゃねーか!

発売してすぐに買ったやつ涙目www俺wwwあほかwww

iPhoneSEは発売から半年で約15000円も値引きされました。間違いなく今が買いどきです。

転売厨涙目でしょうね~(汗)

格安SIm用にiPhoneを手に入れようと、ヤフオクで探してみると、あれ高いな?って思い、ネットでくまなくiPhone安く買えるのはどこだろうと模索しました。

結局たどりついた結論は公式で購入することでした…。

iPhoneは人気商品のため、多少ボッタクリでも価格をみないで買う方が一定数いるため、値下がりしづらいのです。

MNPによるキャッシュバック狙いは消滅

1年ほど前まで、一番安くiPhoneseを運用する方法としたら、MNP+高額キャッシュバック狙いというものが王道でした。

他社乗り換え割引、店頭キャッシュバックっていうものがあり、iPhoneは格安スマホ+白ロムよりも、MNP大手キャリア移動の方が料金が安くすむ時代が長く続いていました。

ですが、時代は変わりました。

MNPをしない人は高額な基本料金を支払い、MNPをする人たちは潤いまくるというものすごい不公平が蔓延しておりました。このたび国が是正勧告をやっとこしまして、MNPでのキャッシュバックが終焉を迎え、MNP乞食たちは絶滅した模様です。

大手キャリアMNP乗り換えが高くなったことで、iPhonese+格安SIMがコスパ最強になった!

格安スマホといえば、Android端末をイメージすると思います。

しかし、ところがどっこい、すべての格安SIMに対応しているのは実はiPhone、それもiPhoneSEはすべての格安SIMに対応しているのです。

格安スマホで端末は別で買う場合、iPhoneSEは最高です。

価格は○。機能も◎。デザインも◎。

いうことなしです。デメリットとしては少し高級といったところでしょうか。とりあえず、格安スマホでiPhoneも使いたいなといった場合はSIMフリーのiPhoneSEでOKですね。

運用コスパは大手キャリアよりも格安スマホ運用のほうが断然お得と確定

前回ガチで比較したら、格安スマホがやはり圧倒的安さをみせつける形となりました。

鬼のように格安スマホは安いです。

大手キャリアとiPhone格安スマホ運用比較

先日、キャリアのiPhoneSE64GBの実質負担額が約2万円と発表されました。そこで「格安スマホで運用したらどれだけ安いんだ!」と思ったので比較してみました。

一ヶ月料金と本体価格
比較 大手キャリア 格安スマホ
一ヶ月料金 8000 2000
iPhoneSE64GB価格 15000 65000

価格はすべて円。

格安スマホの場合は公式のアップル社保証込の値段です。大手キャリアだと本体が安いものの、格安スマホだと毎月支払う基本料金がガクンと下がります。合計料金で差が出てきます。1年、2年、3年使った場合の実際料金を簡単に算出すると以下の通りです。

IPHONESE合算料金
比較 大手キャリア 格安スマホ
12ヶ月 116000 108000
24ヶ月 212000 132000
36ヶ月 308000 156000

価格はすべて円。

格安スマホで12ヶ月使えばお釣りがきますね。長く使えば使うほどお得度がアップします。3年使った時点で大手キャリアの半額という結果となります。結論:iPhoneSEも格安スマホで買うと節約になる

iPhoneSE本体をどこで入手するのがお得?

iPhoneSE(simロックフリー)を購入する方法として4つの購入の仕方をパッと思いつきます。

  1. アップル公式で購入
  2. スマホ販売ショップで購入
  3. Amazonで購入
  4. ヤフオクなどのネットオークションで購入

アップル公式ならば、AppleCare+という保証に入れます。234で買うと保証が貧弱ですが割安で買える可能性がありました。

iPhoneのsimロックフリーにも2種類ありまして、海外シムフリーiPhone、日本国内向けシムフリーiPhoneがあります。その違いはau系列のSIMカードが使えるかどうかの違いが有ります。

海外正規品のsimフリーiPhoneに注意してください。

例えば香港版シムフリーiPhoneだと、mineo、UQモバイル、auで通信できない場合があります。

その点、アップル公式で販売されているシムフリーiPhoneならば、どこの格安スマホ、大手キャリアのSIMカードでも大丈夫です。公式なら約13000円払うと安心保証がつくので、公式購入なら絶対に安心保証がおすすめです。水没、画面破損、落下による粉砕などぶっ壊したときに8000円で元通りに直してくれます。

保証にはいれないiPhoneだとぶっ壊したときに高額な修理代金が請求されます。ということで、保険のために安心保証に入ることを強くおすすめします。

1.アップル公式でiPhoneSE64GBを入手

名目 2016/9/09時点価格
本体 53784
保証 13824

僕はこれです。本体保証がほしいなら公式で購入しましょう。自損事故でも元通りに直してくれます。

オリコローン3400円24回払い金利0でiPhoneSEを購入しました

2.海外ルートスマホ販売ショップEXPANSYSで入手

名目 2016/9/09時点価格
本体 63500
保証 無し

白ロム専門店EXPANSYSというのがあって海外正規品を購入できます。保証は初期不良などの最低コースの保証がついてくる場合が多いです。普通に高い。

3.Amazonでドコモ版白ロム購入する

名目 2016/9/09価格
本体 68000
保証 無し

amazonはやめましょう。転売価格でボッタクリです。たまにau版なら安く売ってたりします。でもやっぱり割高です。

4.ヤフオクでSIMフリーiPhoneSEを購入する

名目 値段2016/9/09時点
本体 62000
保証 無し
20150326231409971s

転売厨死亡確認。

ヤフオク検索結果:iPhone SE SIMフリー 64gb

 

【まとめ】公式購入でも相当に安い

ヤフオクが値下がりしてきました。でもやっぱり安心、本体保証の点から公式で買うのがおすすめです。

項目 本体価格 本体保証
アップル公式(simフリー) 53784 ◎※有料13824円
EXPANSYS(simフリー) 63500
Amazon(ドコモ版) 68000
ヤフオク(ドコモ版) 62000

iPhoneSEはかなりコスパ良し

iPhoneSEの本体価格をみると、値下げしまくってコスパ神クラスとなりました。

実売3万円で手に入るzenfonmax(レビュー記事リンク)とくらべてもコスパ的に同レベルです。

私はiOSにしかないアプリがやってみたいがためiPhonese購入しました。

iPhoneに搭載されているiOSのほうがアプリは安定しているみたいです。

ゲーム好きにはiPhoneがおすすめですね。

 

公式ローンで組んで、格安スマホで運用がスタンダードになるかも

これからの時代は公式ローンでSIMフリーiPhoneを買って格安スマホで運用するのがスタンダードとなるでしょう。

これなら初期コストもぐんと下がるので、気持ち的に購入しやすいです。

参考過去記事:オリコローン3400円24回払い金利0でiPhoneSEを購入しました

機種変更、MNP、格安スマホへ移行の3つのコストを比較

格安スマホのサイトなので格安スマホ運用を試算してみました。

  1. キャリアでiPhoneseを購入して2年運用した場合
  2. キャリアからMNPして2年運用した場合
  3. 格安スマホ+iPhoneSESIMフリーを運用した場合

コストを実際に計算して比較します。

キャリア機種変更※1
名目 コスト
24ヶ月 212,000
初期費用 0
月額支払いイメージ 8000

※1 ドコモ、au、ソフトバンクで普通に機種変更した場合、本体負担価格2万円、スマホ発生料金8千円/月と想定。

ドコモやau,ソフトバンクで機種変更をした場合はが一番コストかかります。

メリットは、データ通信速度がめちゃんこ早いということです。毎月8000円ぐらいのスマホ料金が発生します。

キャリアMNP※2
名目 コスト
24ヶ月 162,000
初期費用 3000
月額支払イメージ 6000

※2 キャリアMNPで5万円ぐらい割引するだろう……と想定

ドコモからauへメガバンクからの乗り換えでのコストは若干良くなります。

昔からメガキャリアたちでユーザーの獲得争いをしているので、新規契約と乗り換えユーザーはお得に使えます。

逆に既存の長期ユーザーは大損という図式です。

公式購入+格安スマホ
名目 コスト
24ヶ月 128,000
初期費用 3000
月額支払イメージ 5000

コストでは一番安い。

安定はアップル公式シムフリーiPhoneSE+格安スマホ運用

2年保証+料金安くすますなら公式購入がおすすめです。公式購入ならローン24回払いが金利手数料0円で毎月3400円支払い+格安スマホで楽ちんです。

逆に大手キャリアがおすすめな人

大手キャリアのメリットは通信速度です。

30Mbpsぐらいでますので、非常に快適にデータ通信が行えます。

そのため、格安スマホの通信速度よりもかなり早いです。

でもただ速度が速いだけでコストが大幅増となるため、その値段に見合う価値は少ないかと思います。

結局、今後ますます格安スマホの人気がでてくるでしょう。

iPhoneSEをmineoで運用しています

私は今、格安スマホmineo+iPhoneSE64GBSIMフリー版で運用しています。

mineo Aプラン シングルタイプ 3GB

データ通信のみ3GBで月額900円(税抜き)のmineo,Aシングルプランを使っています。運用コストクッソ安いです。

プラン 毎月コスト 備考
mineoAプランシングル3GB 972円 電話番号無し

シングルプランはデータ通信のみで、スマホで電話回線は使えません。そのため050の電話番号を付与しています。

プラン 毎月コスト 備考
mineoAプランデュアル3GB 1631円 電話番号有り

電話番号をつけるデュアルプランですとシングルプランとくらべ、毎月659円高くなります。

上記の通信料金プラス、iPhoneSE本体のローンを支払います。

iPhoneSE64GB公式の本体価格
項目 2016/9/09時点価格 24回払いの月コスト 備考
本体 53784円 2241円
保証 13824円 576円 AppleCare+加入

通信料金+本体料金のコストを合体させます。

プランと本体合算料金 毎月コスト 備考
mineoAプランデュアル3GB 1631円 電話番号有り
iPhoneSE64GB 2241円 公式購入
AppleCare+ 576円
合算コスト 4448円

毎月4898円で、iPhoneSE64GB、本体2年保証、データ通信3GB電話番号付与で運用できます。24ヶ月のコストは12万円ぐらいとなります。

格安スマホmineoの場合は本体価格にコスト比重が上がります。

メガキャリアauでiPhoneSE2年運用を試算

それではauでiPhoneSEを2年運用したときのコストを計算してくらべてみましょう。

AUでiPhoneSE64GBを購入して運用
名目 毎月コスト 備考
iPhoneSE64GB 2895円
毎月割 -2,220円  特定条件クリアの本体割引※1
スーパーカケホ 3456円 国内通話(1回5分以内)がかけ放題
誰でも割 -1620円  2年縛りだが割引される
LTEネット 324円
データ定額3GB 4536円
AppleCare+ 594円
合計 7965円

※1 「データ定額2/3/5/8/10/13」または「LTEフラット」にお申し込み

データ通信は同じく3GBです。

iPhoneSE本体の価格が2895-2220=675円/月ですので、キャリアで買ったほうが本体が安く購入できます。

しかし、合計金額をみると7965円と格安スマホのmineo運用とくらべ、3千円ほど高くなります。

auは毎月の使用料金の比重が大きいのです。

2年後から格安スマホのコスパが大幅に上がる

上記2つは2年間利用した時のコスト比較でした。

2年後からmineo、auとも本体ローンが支払い終わるため、月額料金は通信会社の使用料金となります。

毎月本体価格を支払っていた分、mineoは3267円、AUだと本体の価格675円/月がかからなくなります。

2年後のスマホ料金は、

mineoが1631円、auが7290円と変化します。

やっぱり格安スマホmineoがナンバーワン!

あなたのスマホのままで使える!mineo

スポンサードリンク

UQモバイル激推し中、だぞっ!

テレビCM好評!シェア拡大中!

今契約するならmineoよりイイ。

格安スマホに迷ったらmineoへ

絶対神、mineo。

まず安く。

まず安心。

おすすめは3GBの音声プランです。

mineo Aプラン デュアルタイプ 3GB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です